脱毛に通って、ムダ毛のケアを徹底的にしたいという女性は少なくないと思いますが、中には、施術を受けられない人もいます。どんな女性が脱毛に通うことができないのか、紹介していきたいと思います。

生理中

生理中には、お肌はとても敏感になっています。ホルモンバランスが普段と異なっている状態なので、生理中以外では、全く痛みを感じないという人でも、施術に痛みを感じることがあります。

また、施術が刺激となってお肌トラブルを引き起こすことも多いので、生理が終わってから来るように言われることが多いです。

妊娠中・授乳中

uEkUbq7L9nZ生理中と同じく、妊娠中・授乳中もホルモンバランスは大きく乱れます。お肌は敏感になり、痛みを強く感じたり、トラブルを引き起こす恐れがあるので施術をことわられることがほとんどです。

また、妊娠中や産後は毛周期も普段と異なり、毛が濃くなったり抜けやすくなったりするので、脱毛サロンで施術を受けても効果があまり実感できないということもあります。

産後いつから施術を受けられるかはサロンによっても違うので、問い合わせてみてください。

薬を継続的に服用している人

何らかの持病を持っていたり、薬を継続して服用している人は、脱毛を断られることが多いと思います。主治医に脱毛が可能か確認したうえで、脱毛サロンのカウンセリング時にお薬手帳などをもっていき、相談しましょう。

施術を断られる種類の薬としては、抗生物質や抗うつ剤、ピルなどが代表的です。持病については糖尿病や心臓病、感染症などの内科系疾患、緑内障、薬物アレルギー、光アレルギーなどが施術不可となります。

持病や薬の種類によっては施術を受けられる可能性もありますが、あまり高くはないでしょう。施術を受けたいからと言って、嘘をつくのは絶対にやめましょう。何かあったときに大変なことになってしまいます。必ず正直に申告して、そのうえで施術を受けることができるかどうかをカウンセリングの時に相談してみてくださいね。

日焼けをしている人

1Q55xl037d5脱毛サロンやクリニックで行う施術は、黒い色に反応して毛根にアプローチをするものです。ですから、日焼けをしている黒い肌だと、肌すべてに反応してしまいます。日焼けをしている場合は施術できないという決まりがある脱毛サロンが多く、日焼け後どれくらいで施術可能になるのかはサロンによって違いますが、日焼けをした日から一週間くらい開けなければできないことがほとんどです。

日焼けして赤くなっている部分に光を当てると、強い痛みを伴うこともあるので気を付けてくださいね。

自分が当てはまっていないかどうかチェック!

これから脱毛サロンに通いたいと思っている人は、自分が施術を受けられない人に当てはまっていないかどうかをチェックしましょう。敏感肌や乾燥肌の人も施術を受けられるか心配だと思いますが、サロンで受けられる光脱毛なら出力が弱いので対応してくれるところがほとんどですよ。

sankousaito参考にしたサイト
顔脱毛の専門サイトです。なので顔脱毛の事で悩んでいる方はこちらがオススメです。
女性特有の悩みや相談に特化しています。顔脱毛では業界で一番詳しく掲載していると言っても過言ではありません。
また、当サイトでは、説明していない脱毛をしてはいけないパターンがあります。そちらも詳しく説明していますので是非参考にしてみてください。
参考サイト:顔脱毛 おすすめ